読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月の本と映画とゲーム

最強伝説 黒沢 1 (highstone comic)

最強伝説 黒沢 1 (highstone comic)

100円しなかったので買ってみた。
前にアメトーークで見たのでうっすら話は知ってたけど、あまりにも悲しすぎる。
でもこの作者の話はだいたい甘い思考とかを許さない感じなので、気が緩んでる時に読むとゾッとしてやる気でそう。


ハイブリッドインセクター
噂の仮面ライダー同人漫画。
親戚のおじさんからむっちゃおもしろいという話は聞いていた。
もう続編読めないのが残念すぎる、昭和ライダー別にそんな好きじゃないけど
この作品の中のライダーマンはかっこよすぎた。


ハイブリッドインセクターに影響されて、ちゃんと連載してるライダー漫画買った。
こっちもなかなかよくて、本郷猛が「助けてしまった。」って後悔してるとことか
なかなかシビアな描写でよい。

仮面ライダーって、みんななりたくてなったわけではなくて
平成に入ってからも、クウガ、龍騎あたりはそもそも戦いはよくないみたいな前提に立って
それでも戦わざるを得ない感じの苦悩とか描かれていて、今見ても「おー」ってなる感じ。
この漫画でもそれに近いものが描かれているので、この歳になってから読んでよかった。


クロス・マネジ 5 (ジャンプコミックス)

クロス・マネジ 5 (ジャンプコミックス)

ついに最終巻。惜しい。
絶対無理だけど
どっかの出版社が、みえるひととかリリエンタールとかフープメンとか
打ち切りマンガの続編ばっかり集まった雑誌創刊してくれたりしないかなー。


Mobile2.0 ポストWeb2.0時代のケータイビジネス

Mobile2.0 ポストWeb2.0時代のケータイビジネス

予言書っぽい。
2006年に書かれた本で
「すべての人が携帯のGPSを使って何かのサービスを受けられたりする」
「向こう側(ネット)により多くの情報を預けることになる」
とか、書いてあってたしかにあの時期にこれをこの精度で考えてんのすげーなーって感じだった。
今5年後のインターネット予想しろとか言われても自信ない。でもAndroidのwebviewは消えていて欲しい。



映画


映画『地獄でなぜ悪い』予告編 - YouTube

カオス!!!!!!!!!!!
監督がやりたいこと全部詰め込んだらこんな映画になりました。みたいな感じした。
ただ出てる役者さんみんなすごい人で最終的になんかよくわかんないけどめっちゃよかった。みたいな気にさせられる。
賞とか取ってて評価いいらしいけど、俺はこの監督はなんか映画界の偉い人に怒られればいいと思った。
でもおもしろかった。
あと音量がでかいらしくて、すごいうるさい。
10秒くらいずーっとアサルトライフルの銃声で何言ってんのか聞こえない時あってけっこうきつかった。
星野源、歌に演技に大忙し。憧れる。あのゲボむっちゃ吐くとこ不覚にも笑ってしまった。



映画「夢と狂気の王国」 予告編 - YouTube

僕はここ2−3年川上さんがうらやましくて、初プロデューサー作品ということですごく楽しみにして公開日に見に行った。
前評判通りよかった。

特にテンション上がったのは、川上さんと宮崎吾朗さんが会議で揉めてるシーンで
自分の中で聖域みたいなイメージのあるジブリで、あんな議論をしていて
むっちゃ頭いいイメージのある川上さんでも、鈴木プロデューサーに揉めてんの仲裁されてめっちゃふてくされながら謝ってたり
またその謝り方が賢い人特有の「ごめんなさい」って面と向かって言えない感じの遠回りな謝罪で
またそれ受けて宮崎吾朗さんもあんま納得してなさそうな顔してて

なんか思ってたよりずっと人間臭い人たちが議論して、それを親みたいな目線というか口調で鈴木さんが横から見てて
ついに次の映画では宮崎駿ジュニア×鈴木敏夫の弟子のタッグが見られるのかー!!!!
なんかまだまだ若いからこれからいろいろ苦労しながら2人でいろいろ作り上げていくんだろうなぁ。
将来この2人は一体どうなるんだろう!!!!!??????
みたいなすごいいろいろ考えながら見られた、テンション上がる感じのシーンでした。

あとかぐや姫のプロローグが入ったキャンペーンBlu-ray&DVDもしっかりゲットしました。


ゲーム

仮面ライダー バトオンライン

艦これヒットしたのでライダーでやりましょう感。
まだそんなに遊べてないけど、チーム編成とバトルのシステムがよくわからない。
3人くらいライダーをチームに入れてるのに、バトルではリーダー1人しか表示されない。