うちの本棚を埋めるマンガ

2005年からジャンプ買ってて、打ち切り食らったけど実は全然おもしろい作品もあって
意外とそういう作品は単行本買っちゃう派なので、それの紹介をします。

みえるひと

全7巻です。
幽霊を退治するお話ですが、師弟愛がなかなかアツいです。
打ち切り寸前にたくさん出てくるキャラが魅力的なのでほんとに打ち切りもったいないです。
これ読んでから気付いたけど、僕は世襲制が絡む作品が好きなようです。シンケンジャーとか。

フープメン

全2巻です。
バスケ漫画なのに、インフレもとんでも技もなんもなし
等身大の高校生を描いてる感じです。
高校時代に読んでたので親近感わいてよかった。

賢い犬リリエンタール

全4巻
なんか不思議な犬ががんばる話。
すんげーほのぼのする。リリエンタールうちにも欲しくなる。
スーパーうちゅうねことかごむぞうとか、キャラも魅力的。
アニメ化したら、めっちゃ人気出そうって思ってた。

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。

こちらも全4巻
怖いお話。
ジャンプで背筋ゾクッとする絵を見たのはこれが初めて。
単に怖いだけじゃなくて、いろいろ演出効いてておもしろかった。




打ち切られてないけど
べしゃり暮らしとか尋常じゃないくらいおもしろいし
今のジャンプには四ッ谷先輩の人がハイキューっていうバレーボールのマンガ描いてて
スポーツなのに、たまにゾッとする絵を描いてくるのでかなり好きです。

集英社の人、お願いだからジャンプの電子版出して。もう廃品回収に出すのめんどい。